今は学生もお金を借りる時代

2014/08/27

時代は変わり、消費者金融に対するイメージも変わりつつあります。
サラ金などと呼ばれていた消費者金融も、今ではカードローンなどと呼ばれています。

そして、ちょっと昔までは考えられなかったことかもしれませんが、今では学生でもカードローンを利用する時代です。学生時代というとあまりお金がかからないと思うご年配の方は多いですが、当事者である学生に聞いてみると、これがなかなかお金のかかる年代ということが分かりました。

学生と言ってもここで言う学生とは大学生のことで、大学生ともなると勉強ばかりでなく、その後社会に出る為の人脈作りで飲み会の席などが多々ありなかなかお金がかかるそうです。

とはいえ、学生なら誰でも借りれるということではありません。
ある程度の条件が必要となってきます。

その条件とは、20歳以上であることと、アルバイトなどをしていて一定の収入が見込めることです。

その条件さえ満たすことが出来れば学生でもお金を借りることが出来るんです。

但し、学生ということからお金の管理が出来ない人が多いのも事実です。

キャッシングをすることにより借金苦に陥ってしまう学生もいるそうなので、学生でキャッシングを利用する際はあくまで必要最低限、そしてしっかりと返済出来る範囲で計画的に利用するように心掛けることが大切だと思います。

今は学生でもお金が必要な時代です。すくなくとも、昔よりは物価も上がっていますし、昔は無かった携帯電話代などでお金がかかっているはずですからね。

楽しいキャンパスライフを過ごす為にもキャッシングを利用するのは今の時代必要な手段だと思います。

まさにお金を借りても死にはしない…ですね!
楽しく過ごす為にキャッシングを利用してやりましょう!

消費者金融を契約するメリット

2014/08/25

一人暮らしをしていると急にお金が必要になることが多くあります。
特にサラリーマンになってから更に多くなりました。
突然の接待や急な出張などです。
給料日前で持ち合わせがない場合はかなり困りました。
会社に戻って支度金を調達する時間がないときは尚更です。
まぁ、社会人である以上は常に予備費は常時しているのが鉄則とも言われてますが、なかなかお金が貯められませんでした。
知人とお酒を飲んでいるときこのような話をしているとキャッシングできるカードを一枚常時しておくと便利だと聞きました。
消費者金融のローンカードです。
コンビニなどで簡単にキャッシングができます。
契約も簡単で所得証明や源泉徴収票と身分証明書などがあればスピーディーに行えます。
今現在は以前と違い借りられる金額は年収に応じて違います。
無理なく返済できる範囲での貸し付け契約になるのです。
その点が安心して契約できますね。
たくさん借りられる状況だと借り過ぎてしまう可能性もありますので。
貯金がなかなかできない方にはオススメのようです。
いざお金が緊急で必要なときにキャッシングカードが一枚あればすぐにお金が引き出せて立て替えることができます。
返済は翌月に行えばいいのです。
あくまでも必要な金額だけ借りるだけなら問題はないと思います。
金利は一カ月で返済すると考えればそんなに高くはありません。
出張や接待以外にも冠婚葬祭の費用も急に必要になるときがあります。
様々なケースでお金がいるとき便利です。

今は借金もリスクが低い時代

2014/02/10

今は借金もリスクの少ない時代と言えます。

昔の金利って高かったのですが、グレーゾーン金利が撤廃されてから極めて常識的な金利しかかけることが出来なくなったので今はお金が必要ならば借りるべき時代なのです。金利が低ければ返済も容易です。金利ばかりに圧迫されるということもあまりありません。

グレーゾーン金利の撤廃と同時に貸金業法が改正され総量規制が定められて年収の3分の1までしかお金を借りることが出来なくなりました。要はお金を借りることが出来る上限が法律により決まってしまったのです。

グレーゾーン金利も総量規制も債務者保護の規定です。グレーゾーン金利は高額な金利を要求される債務者の保護を図る規定、総量規制はどうれくらいお金を借りたら返済が厳しくなるのかを考えて作られた債務者保護の規定です。なので現行の法制度のもとで借金してもかなりリスクが低いと言えることは間違いないでしょう。

まぁグレーゾーン金利の撤廃や総量規制の制定による弊害も出てきたのですがそれはまた別の機会に話をすることにします。とにもかくも今のご時世、お金を借りる側が手厚く保護されているのは上記の説明で十分に伝わったかと思います。

リスクが少ないのならお金が必要な際に無理して我慢する必要はありません。お金を借りて人生が狂うという確率も極めて低いです。もしお金を借りて人生が狂うほどになったとしても今度は債務整理という制度が債務者を保護します。何重もの保護制度にてお金を借りる側は守られているので借りれる時に借りておくのは別に悪い事じゃないと思います。

もちろん絶対に違法な金利を請求するような業者を使用してはいけません。合法でしっかりと法を守る業者ということが大前提です。その大前提を守ればお金を借りてもどーんと構えていれば良いんです。

あーしたらいけないとかこーしたらいけないとか言って借金アレルギーになると大きなチャンスを取り逃がすことになりかねません。人間が勝負事をするときにはお金が必要になる時がほとんどです。

 

お金を借りるのがなぜいけない

2014/01/29

お金を借りることを全面否定する人がいます。 一体なぜなんでしょうね。

お金を借りれば借金地獄に陥る可能性があるからでしょうね。 でも言わせてもらえばリスクを取らない人生なんて考えられません。

なんか難しく考えるからいけないと思うんです。 もっと単純に考えましょうよ。単純に。

お金を借りたのならお金を返せばいいだけです。 ただそれだけの話しです。

計画的に返済シムレーションを行っておけば間違いなく返済できます。 もちろん不測の事態が生じた場合はどうしようもありませんが。

での昔と異なり今の金融機関の上限金利は安いし、総量規制もあるのでそこまで多重債務で苦しむという事はないでしょう。

万が一多重債務で首が回らなくなったら、ジタバタせずに自己破産なり民事再生をすれば良いだけです。 国が債務整理という人生をリスタートさせる制度を用意しているのだからこれを利用しない手はありません。

最悪困ったら債務整理をすれば良いんです。 これで借金はなくなり人生を一からリスタート出来ます。

なので借金することを全面否定する必要性ってどこにもないんですよね。

ダメな事はそこではなく無知であることです。 借金をして返済を滞らせたらどのようなペナルティを受けるのかだとか、 債務整理という救済手段について知らないとかそのような無知こそが己を地獄に突き落とすのです。

例えば債務整理の制度を知らないでヤミ金に手を出すとかね。 典型的なダメなパターンです。

借金する事に対して否定的になるのではなく、無知であることに対して否定的であるべきだと私は思います。