お金を借りるのがなぜいけない

お金を借りることを全面否定する人がいます。 一体なぜなんでしょうね。

お金を借りれば借金地獄に陥る可能性があるからでしょうね。 でも言わせてもらえばリスクを取らない人生なんて考えられません。

なんか難しく考えるからいけないと思うんです。 もっと単純に考えましょうよ。単純に。

お金を借りたのならお金を返せばいいだけです。 ただそれだけの話しです。

計画的に返済シムレーションを行っておけば間違いなく返済できます。 もちろん不測の事態が生じた場合はどうしようもありませんが。

での昔と異なり今の金融機関の上限金利は安いし、総量規制もあるのでそこまで多重債務で苦しむという事はないでしょう。

万が一多重債務で首が回らなくなったら、ジタバタせずに自己破産なり民事再生をすれば良いだけです。 国が債務整理という人生をリスタートさせる制度を用意しているのだからこれを利用しない手はありません。

最悪困ったら債務整理をすれば良いんです。 これで借金はなくなり人生を一からリスタート出来ます。

なので借金することを全面否定する必要性ってどこにもないんですよね。

ダメな事はそこではなく無知であることです。 借金をして返済を滞らせたらどのようなペナルティを受けるのかだとか、 債務整理という救済手段について知らないとかそのような無知こそが己を地獄に突き落とすのです。

例えば債務整理の制度を知らないでヤミ金に手を出すとかね。 典型的なダメなパターンです。

借金する事に対して否定的になるのではなく、無知であることに対して否定的であるべきだと私は思います。