今は借金もリスクが低い時代

今は借金もリスクの少ない時代と言えます。

昔の金利って高かったのですが、グレーゾーン金利が撤廃されてから極めて常識的な金利しかかけることが出来なくなったので今はお金が必要ならば借りるべき時代なのです。金利が低ければ返済も容易です。金利ばかりに圧迫されるということもあまりありません。

グレーゾーン金利の撤廃と同時に貸金業法が改正され総量規制が定められて年収の3分の1までしかお金を借りることが出来なくなりました。要はお金を借りることが出来る上限が法律により決まってしまったのです。

グレーゾーン金利も総量規制も債務者保護の規定です。グレーゾーン金利は高額な金利を要求される債務者の保護を図る規定、総量規制はどうれくらいお金を借りたら返済が厳しくなるのかを考えて作られた債務者保護の規定です。なので現行の法制度のもとで借金してもかなりリスクが低いと言えることは間違いないでしょう。

まぁグレーゾーン金利の撤廃や総量規制の制定による弊害も出てきたのですがそれはまた別の機会に話をすることにします。とにもかくも今のご時世、お金を借りる側が手厚く保護されているのは上記の説明で十分に伝わったかと思います。

リスクが少ないのならお金が必要な際に無理して我慢する必要はありません。お金を借りて人生が狂うという確率も極めて低いです。もしお金を借りて人生が狂うほどになったとしても今度は債務整理という制度が債務者を保護します。何重もの保護制度にてお金を借りる側は守られているので借りれる時に借りておくのは別に悪い事じゃないと思います。

もちろん絶対に違法な金利を請求するような業者を使用してはいけません。合法でしっかりと法を守る業者ということが大前提です。その大前提を守ればお金を借りてもどーんと構えていれば良いんです。

あーしたらいけないとかこーしたらいけないとか言って借金アレルギーになると大きなチャンスを取り逃がすことになりかねません。人間が勝負事をするときにはお金が必要になる時がほとんどです。