「日本」という国の正しい読み方は

私たちの母国「日本」は漢字で書くとわかりやすいけれども、読むときに「ニッポン」か「ニホン」か、ということはしばし論議されることです。
結論から言えば、法的に決められていることではありませんから、「どちらでもよい」という非常に曖昧なものとなっています。
ただし、オリンピックやワールドカップなどのスポーツの国際大会や万国博覧会などの国際ステージでは、原則的には「ニッポン」で通しています。
これは、1970(昭和45)年に大阪万国博覧会を前に、内閣としては「ニッポン」を使うことを申し合わせました。
我が国の呼称に関しては、しばしば議論されていることでした。戦後の新憲法制定に際しても国会で論議され最終的には、「どちらとも決っていない。それぞれ慣習的に使い分けている」と、当時の金森徳次郎国務相が答弁しています。
政府見解としては、これが今日も生きているということになります。
かつて、1934(昭和9)年に、臨時国語審議会で国号呼称統一案を審議し、「ニッポン」とすることを決議したことはありましたが、政府で採択するまでには至りませんでした。
日本放送協会(NHK)の放送用語委員会では、「ニッポン」を第一の読み方とし、「ニホン」を第二の読み方とすることを暫定的に決めています。戦後になっても、正式の国号として使う場合は「ニッポン」を原則とし、「ニホン」と言ってもよいということで継続されています。