住宅ローンの審査に、少しでも通りやすくするために気をつけなければいけないことって、何だと思いますか?

「車のローンなど、他のローンがあれば完済する」
「他のローンを新たに借りたりしない」

もちろん、正解です。

でもそれだけじゃありません。意外と多くの人が見落としがちな「審査の落とし穴」があるんですよ。

たとえば・・・会社のお付き合いなどで「利用しなくていいからクレジットカード・ローンカードを作って!」と依頼されること、ありませんか?

これも、住宅ローン前に作るのはやめておきましょう。
なぜなら、このクレジットカード・ローンカードを作ったことも、「信用情報」というものに記録されます。
信用情報とは、あなたが今どんなローンやクレジットを抱えているか、そしてその返済履歴はどうなっているかなどを記録しているもの。住宅ローン審査の際には、この信用情報は必ず見られます。

そして、「住宅ローン直前のクレジットカード・ローンカード作成」については、住宅ローンを貸す金融機関側としては「お付き合いで作っただけ」という理由までは分かりません。

新しくクレジットカード・ローンカードが作られた以上、それも「使われる予定のあるもの」として審査することになります。

さらに、2枚・3枚のクレジットカード・ローンカードをたて続けに作ったとなれば、審査はとても厳しくなります。「資金繰りが悪くなって、あわててカードを複数申し込んだ」と判断される可能性があるんですよ。

ですから、たとえ断れない「お付き合いカード」でも、せめて住宅ローンをきちんと借りられるまでは作成を待ってもらいましょう!