変動金利型住宅ローンとは、その名のとおり、「金融情勢により、金利が変動する住宅ローン」です

変動金利型住宅ローンとは、その名のとおり、「金融情勢により、金利が変動する住宅ローン」です。
民間の金融機関では、この変動金利型を主流としているところが多いですね。

変動金利型の最大の魅力は、今のような超低金利時代なら、そのメリットを最大に受けられること。
しかしその反面、世間の金利相場が上昇すると住宅ローン金利も上昇するというリスクがあります。

あと、変動金利型住宅ローンの金利上昇幅は、生活への影響を考えて「5年ごとに1.25倍まで」という制限がありますが、もし世間の金利相場がこれ以上のペースで上昇した場合、ヘタをすると「本来支払うべき利息の額が返済額を上回る」という事態になってしまいます。
こうなると、いつまでたっても返済が終わらない、という状況になってしまうんです。

ですから「家計がギリギリだから、今一番負担が少ない変動金利を・・・」という考え方はとっても危険なんです。変動金利は「超低金利時代の今が、一番負担が少ない時期」なんですから。ここから負担が大幅に増える可能性はあっても、減る可能性はほとんどないわけです。

変動金利型住宅ローンをおすすめできる世帯は、「もし金利上昇で返済額が増えても対応できるだけの余裕がある」「金利上昇局面がきたら積極的に繰り上げ返済をするなどして、残高を減らせる見込みがある」など、ある程度返済に余裕を持てる世帯ということになりますね。