カテゴリー別アーカイブ: 未分類

年金を納めるお金がなかったが三度目の正直で負担しなくて済むようになった

払いたい気持ちは山々ですが、
私には国民年金を納められるだけのお金の余裕がありません。
二年前に会社を退職してからは貯金を切り崩しながら両親と実家暮らししていたので、
国民年金の支払いが重くのしかかっていました。
求職者が利用できる免除制度の期限が切れてからは、
低所得者が申し込める免除制度の審査に申し込みました。

ところが、インターネットのポイントサイトなどで小遣いを稼いでいたせいで申請が通る基準となる所得の上限を超えてしまっていたのです。
しばらくは審査に落ちた理由がわからず、ろくに食べられない状況が続きました。
しかしながら、このままでは何も始まらないと思い年金事務所に行き根拠を確かめることにしました。
父の所得も審査対象になるということを知りましたが、それでも私は納得することができませんでした。

20代である私は、本人だけの所得が審査の対象となる制度を利用する気まんまんでいたのです。
にもかかわらず審査に落ちたのは、私の単純なミスのせいでした。
所得の基準の上限を1万円ほど超えていたために、私は制度を利用することができなかったというわけです。
それは全額免除者と同じ基準なのですが、私は勘違いしていて4分の1免除の基準と同等であると思い込んでいたのです。
翌年にみ同様の納付猶予制度の申し込みを行い、無事に申請が通りました。
毎月約1万5千円ほどの節約になるので、私のように実家で暮らしながら小遣い稼ぎしている人なら生活費を確保できる状態になり大喜びしたのは言うまでもありません。

ところが、後日に税務調査が行われてしまいます。
その結果として、年金の納付猶予制度の基準を満たさない所得に修正申告させられたのです。
年金事務所に正直に報告したら、審査結果が覆ってしまい私は再び窮地に陥ることになります。
どうしても年金を納められなかったので、活用できる制度について片っ端から調べました。
最終的には、某通信制大学に入学すれば学生として納付猶予制度に申し込めることを知りました。
判定が覆った制度の倍以上の所得基準が設けられているので、特に問題視することはありません。

びかんれいちゃは授乳中でも飲める?下痢は?
お金を節約するためには入学金と授業を受けるための費用が必要でしたが、
年金2ヶ月分の支払いと同じぐらいだったので何とか工面できました。
それからというもの、入学の手続きを済ませるために卒業した学校に行くなどして忙しい日々を送りました。
学生として再審査を申し込むと、今度はうまくいきました。

七音だけどベンちゃん

ちっちゃい時、バターたっぷりの料理やはちみつをたっぷりかけたパンケーキなんかをバクバクと口に詰め込んでいる時に、父に脂っぽいものばかり摂取してると社会人になったら大変なことになるよ!なんて言われたものです。
当時はいつも同じこと言ってうるさいなぁ、みたいなことを思って深く考えませんでしたが、あの時から長い時間がたって私という人間がだいぶ歳をとってその言葉のしっかりした意図が、分かりたくはなかったですが分かってしまいました。
ちょい前はかなりの量を食べても肥大化しないことをガンガン周りに自慢していたのに、知らないうちに胴回りがポニョり、お気に入りのカラースキニーがパッツンパッツンになってしまいました。
そのような苦い体験って皆さんも体験したことありますよね?そういった状況だとトップに考えつくのは、多くが身体を動かさないと!とういうことだと思います。
クリーミューオフィシャル
とは言っても現に脂肪を燃焼させようと身を入れようとしても、エクスキューズ、つまり言い訳ばかりして一向に遂行できず、自分という人間に幻滅しちゃうんですよね。
ってことで僕オンリーではどうにもならない!そんなわけでジムで汗をかくことにしたんです。したらばこれが大変素晴らしかったんですよ!
トレーナーにちゃんとした運動方法を指導してもらえるので、ムリをせずに運動ができ、なんつったって筋肉がつくっていう結果が出るのがかなり気分上々↑↑でしたね!
日々の食事も健全な食生活を一番に考えるようになり、今までいっつも背脂たっぷりのラーメンか鶏天ばかり食べていた自分が欠片も信じることができません。
筋トレすることで疲れ果て瞬速で眠りにつくことができ、さらに一歩一歩何かを諦めず続ける癖もでき、ここ最近では基本的に毎日野菜を基本にした自炊にも挑戦しています。
いかようなことをするにも自分の身体が基本ですから約まるところ運動と食べるものには気を使え、って感じなんですよね!ちょっと最近体重が気になる…という方は身体のこと、よくよく考えてあげてくださいね!

変動金利型住宅ローンとは、その名のとおり、「金融情勢により、金利が変動する住宅ローン」です

変動金利型住宅ローンとは、その名のとおり、「金融情勢により、金利が変動する住宅ローン」です。
民間の金融機関では、この変動金利型を主流としているところが多いですね。

変動金利型の最大の魅力は、今のような超低金利時代なら、そのメリットを最大に受けられること。
しかしその反面、世間の金利相場が上昇すると住宅ローン金利も上昇するというリスクがあります。

あと、変動金利型住宅ローンの金利上昇幅は、生活への影響を考えて「5年ごとに1.25倍まで」という制限がありますが、もし世間の金利相場がこれ以上のペースで上昇した場合、ヘタをすると「本来支払うべき利息の額が返済額を上回る」という事態になってしまいます。
こうなると、いつまでたっても返済が終わらない、という状況になってしまうんです。

ですから「家計がギリギリだから、今一番負担が少ない変動金利を・・・」という考え方はとっても危険なんです。変動金利は「超低金利時代の今が、一番負担が少ない時期」なんですから。ここから負担が大幅に増える可能性はあっても、減る可能性はほとんどないわけです。

変動金利型住宅ローンをおすすめできる世帯は、「もし金利上昇で返済額が増えても対応できるだけの余裕がある」「金利上昇局面がきたら積極的に繰り上げ返済をするなどして、残高を減らせる見込みがある」など、ある程度返済に余裕を持てる世帯ということになりますね。

住宅ローンの審査に、少しでも通りやすくするために気をつけなければいけないことって、何だと思いますか?

「車のローンなど、他のローンがあれば完済する」
「他のローンを新たに借りたりしない」

もちろん、正解です。

でもそれだけじゃありません。意外と多くの人が見落としがちな「審査の落とし穴」があるんですよ。

たとえば・・・会社のお付き合いなどで「利用しなくていいからクレジットカード・ローンカードを作って!」と依頼されること、ありませんか?

これも、住宅ローン前に作るのはやめておきましょう。
なぜなら、このクレジットカード・ローンカードを作ったことも、「信用情報」というものに記録されます。
信用情報とは、あなたが今どんなローンやクレジットを抱えているか、そしてその返済履歴はどうなっているかなどを記録しているもの。住宅ローン審査の際には、この信用情報は必ず見られます。

そして、「住宅ローン直前のクレジットカード・ローンカード作成」については、住宅ローンを貸す金融機関側としては「お付き合いで作っただけ」という理由までは分かりません。

新しくクレジットカード・ローンカードが作られた以上、それも「使われる予定のあるもの」として審査することになります。

さらに、2枚・3枚のクレジットカード・ローンカードをたて続けに作ったとなれば、審査はとても厳しくなります。「資金繰りが悪くなって、あわててカードを複数申し込んだ」と判断される可能性があるんですよ。

ですから、たとえ断れない「お付き合いカード」でも、せめて住宅ローンをきちんと借りられるまでは作成を待ってもらいましょう!

「日本」という国の正しい読み方は

私たちの母国「日本」は漢字で書くとわかりやすいけれども、読むときに「ニッポン」か「ニホン」か、ということはしばし論議されることです。
結論から言えば、法的に決められていることではありませんから、「どちらでもよい」という非常に曖昧なものとなっています。
ただし、オリンピックやワールドカップなどのスポーツの国際大会や万国博覧会などの国際ステージでは、原則的には「ニッポン」で通しています。
これは、1970(昭和45)年に大阪万国博覧会を前に、内閣としては「ニッポン」を使うことを申し合わせました。
我が国の呼称に関しては、しばしば議論されていることでした。戦後の新憲法制定に際しても国会で論議され最終的には、「どちらとも決っていない。それぞれ慣習的に使い分けている」と、当時の金森徳次郎国務相が答弁しています。
政府見解としては、これが今日も生きているということになります。
かつて、1934(昭和9)年に、臨時国語審議会で国号呼称統一案を審議し、「ニッポン」とすることを決議したことはありましたが、政府で採択するまでには至りませんでした。
日本放送協会(NHK)の放送用語委員会では、「ニッポン」を第一の読み方とし、「ニホン」を第二の読み方とすることを暫定的に決めています。戦後になっても、正式の国号として使う場合は「ニッポン」を原則とし、「ニホン」と言ってもよいということで継続されています。